いにしえのびしゅ

古昔の美酒とは

ブランド紹介

希少なヴィンテージ酒を厳選

日本全国の酒蔵を巡り、日本酒、焼酎、泡盛、梅酒の10年以上の熟成を経た希少なヴィンテージを厳選したプレミアムブランド

① 時を経るほど深みが増す希少な『熟成酒』

お酒は熟成により、甘味や香りが生まれ、味わい深い美味しさに変化していきます。

古昔の美酒は、10年以上という熟成基準を設定し、完成度の高いヴィンテージのみを厳選しています。

全国の日本酒生産量のうち、10年以上のヴィンテージの残存率は0.0009%。オリンピックプール1杯にも満たない希少な熟成酒です。

② 大切な方がこれまで歩まれてきた「時」を貴ぶギフト

さまざまな時代を超えて酒蔵で貯蔵されてきた熟成酒は、「時」をテーマにしたギフトに最適です。

大切な方と一緒に昔の思い出を語らう楽しいひととき、得意先の創業記念日に伝える感謝の気持ち、20歳になった子どもへのお祝いと愛情など。

熟成した年数・年代とかけて様々な気持ちを伝えることができます。

③ ソムリエや専門家が厳選するヴィンテージ

ソムリエや専門家が全国の酒蔵を巡り、味と香りが特に優れたヴィンテージのみを厳選しています。

現在60のヴィンテージ酒を保有しており、それらを地域やテーマなど様々な切り口で組み合わせたギフトセットをご用意しています。

コンクール受賞実績

数々の国際的なコンクールで受賞

イギリスで開催される世界最大規模のワイン品評会「IWC」や、フランスで開催された「フェミナリーズ世界ワインコンクール2022」で金賞を受賞した銘柄など、受賞銘柄を多数取り扱っています。

レストラン・百貨店等での導入実績

有名ホテルや大手百貨店で取り扱われています

一流のシェフからも高い評価を得ている古昔の美酒は多くのレストラン等で取り扱われています。提供レストランのインタビュー記事はこちらから。

ブランドが目指すビジョン

株式会社匠創生 代表取締役 安村 亮彦

文化創造、そして雇用創造

ITの技術革新、グローバル化の流れにより衣食住の生活様式も大きく変化し、工芸職人や酒蔵など日本古来の文化を支えてきた産業はその市場の大きな縮小を余儀なくされています。

しかし、そこで従事してきた職人の技こそが和の精神、おもてなしの心、日本らしさであり、このグローバル化の今こそ世界に誇り、残していくべきものです。

いま世界に向けて様々な取り組みがなされている中、私たちは日本古来から皇室でも使用されていた高級熟成酒を世界中に普させていくべく熟成古酒を保有している数少ない酒蔵と共にヴィンテージブランドを立ち上げました。

古昔の美酒-INISHIE NO BISHU-

ウィスキーやワインでは当たり前にある「高級熟成酒マーケット」に向けて、「國酒」である日本酒、焼酎、泡盛、梅酒のヴィンテージの魅力を伝えていき、高貴な価値創出、新たな販路創造を実現させてまいります。

私たちのゴールは、日本が誇る伝統的な産業を今の時代に合わせて活性化をさせていき、世界中から人が集まる魅力的な職業にすることです。これまでにない新しいやり方や発想を取り入れて生産者の想いと技を世界中に届けてまいります。

ギフト商品を選ぶ

贈り物にストーリーを添えて

時間をかけて紡いできた大切な方との思い出や信頼関係。長期熟成酒ギフトがその記憶を蘇らせます。

贈るシーンで選ぶ

結婚記念日などのアニバーサリーギフトとして

夫婦一緒に年を重ねた軌跡を古酒とともに振り返る

「この年に結婚して、この年には子どもが産まれたね」

さまざまな年代の古酒を飲み比べできるセットを贈れば、家族や恋人と思い出を語らう楽しいひとときをプレゼントすることができます。

スクロールできます→

年代で選ぶ

お父様の誕生日プレゼントや父の日ギフトとして

父が父になって今年で25年。感謝を込めて同じ熟成年数の古酒をプレゼント

父の日や母の日、両親の誕生日には、今まで育ててくれたことへの感謝の気持ちを伝えたい。

自分の年齢と同じ熟成年数のお酒を贈れば、その感謝の重みはきっと伝わります。