Kura Master 2022にて「2000 朝日川」、「2010 龍力」が金賞を受賞

 

フランスでKura Master 2022が今年も開催されました。今年新設された古酒部門にて古昔の美酒の「2000 朝日川」、「2010 龍力」が金賞を受賞いたしました。

 

 

世界で認められている日本酒の「熟成古酒」

世界の主要なワインコンクールである「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」では2007 年に「SAKE 部門」が創設された際に、「純米酒の部」などの酒質と肩を並べ「古酒の部」も設立されました。

 

近年、さらに注目されており、「フェミナリーズ世界ワインコンクール」では、2021 年から日本酒の「熟成酒部門」が新設され、そして今年「Kura Master」でも「古酒部門」が追加新設されました。

 

フランスをはじめとしたヨーロッパには昔から現代に至るまで熟成技術に対して高い価値付けをする文化やマーケットがありましたが、日本酒や焼酎など日本産酒類に対しても良質で価値の高い熟成酒を探し求める動きが活性化してきた証といえます。

 

今年の「Kura Master」では「純米酒部門」「古酒部門」などの5部門に1110点が出品されました。「古酒部門」に出品した『古昔の美酒』の「2000 朝日川」「2010 龍力」は、上位33%が受賞するプラチナ賞と金賞のうちの“金賞”を受賞しました。

 

今回の受賞により、「2010 龍力」は「フェミリナーズ世界ワインコンクール2021」や「IWC 2022」に続き、3度目の受賞となります。

 

 

受賞銘柄の紹介

ー古酒部門 金賞受賞ー

 

2000 朝日川 」(日本酒 本醸造 

・原料米:出羽燦々 精米歩合70%
・アルコール分:19度以上20度未満
・常温タンク貯蔵
・醸造元:朝日川酒造(創業1848年、山形県河北町)

口に含んだ途端、上品な酸味とバナナ、カラメル、オークといった熟成酒ならではの芳醇な香りが立ち上ります。甘味も十分あり、梅のような爽やかなフレーバーが余韻を残します。酸が素晴らしく、キレもあります。

この銘柄が含まれる商品はこちらをご覧ください。

 

 

 2010 龍力 」(日本酒 純米)

・主原料:神力 精米歩合65%
・貯蔵方法:常温タンク貯蔵
・アルコール分:17度
・醸造元:本田商店(創業1921年、兵庫県姫路市)

 幻の酒米「神力」を復活させ100 %使用し、長期熟成用に特別な仕込みで麹割合を通常の 3 倍に高めた古酒。狙い通り熟成し、濃醇でまるで熟した無花果のような見事な甘い香りが味わえます。

 

この銘柄が含まれる商品はこちらをご覧ください。