for you

 

フレンチとの合わせ方

フレンチでしたらお肉料理に合わせてみてください。日本のお酒は赤ワインほどのボリュームはありませんが、熟成古酒の軽いボリュームが料理を引き立てます。

 

 

食前酒として

まず楽しんでいただきたいのは食前酒としてです。カラメルのような甘さが特徴の熟成古酒は日本的な品の良い甘さで、それが食欲を掻き立ててくれます。

 

 

一日の終わりに

一日を振り返り、自分と向き合う時ほどぴったりのシチュエーションはありません。長い眠りから覚めた熟成酒が、あなたを深い眠りの中に誘います。

 

 

for gift

ギフトとして

熟成古酒が一番喜ばれるのはギフトです。シリアルナンバーを持つ贈り物をもらった経験は多くないはずです。そして味わうたびに驚きに包まれます。熟成古酒のことを知らなくても、その希少価値と初めて味わう奥深さは、その方が過ごしてきた人生と重なり合います。

 

 

父の日ギフトとして

古昔の美酒(いにしえのびしゅ)は、父の日のギフトに最適です。お酒が大好きなお父さんも、少ししか嗜まないお父さんにも、長期熟成古酒の物語と共に、思い出に残る父の日を演出いたします。

 

 

敬老の日ギフトとして

古昔の美酒(いにしえのびしゅ)は、”時”を贈るギフトです。人生を謳歌されている方への敬老の日ギフトとして最適です。少しずつ大切な方と一緒に楽しんでいただけるセットになっています。1本ずつ違う香りや味わいは、一緒に飲まれる方との個性のようです。

 

 

ホワイトデーに

バレンタインデーにはチョコレートと定番が決まっていますが、ホワイトデーに何をお返しするか、悩まれますよね。そんなときに、古昔の美酒(いにしえのびしゅ)はいかがでしょうか。大人の男性に驚きを贈ってみませんか。

 

 

お中元/お歳暮として

お中元、お歳暮の時期が近づくにつれ、何を送ろうかと悩まれているのではないでしょうか。古昔の美酒(いにしえのびしゅ)では、ギフトセットを10種類以上も取り揃えています。それぞれに、特徴がありますので、どれを贈っても驚きと喜びをお届けできます。

 

 

開所式に

お付き合いのある会社のお祝いには、胡蝶蘭といっしょに、みんなで楽しんでいただけるものをお届けしたいですね。そんなときに、古昔の美酒(いにしえのびしゅ)はいかがでしょうか。これから刻んでいく会社の”時”がずっと続くようにとの願いを込めて。