古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

いま時を越えてよみがえる古昔の美酒

時を飲む。熟成にかかった時間の雫が溶け込んだお酒が、日本にもあります。『古昔の美酒』は、鎌倉時代には既にあったとされる古酒の熟成技術に光を当て、極めて希少な10年以上の長期熟成酒を厳選したプレミアムブレンドです。

本商品『時』では、2020年最初にリリースした35銘柄を1セットとしました。全国から選りすぐった古酒が、いま時を越えて一つの商品として集結しました。その一つ一つの香りと味の飲み比べをぜひお楽しみください。

※澱(おり)が生じることがありますが、品質は問題ございませんので安心してお召し上がりください。



古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2003 山吹

日本酒 本醸造
原料米:秋田県産米
精米歩合70%
アルコール分19度以上20度未満
常温タンク貯蔵

カカオのような香ばしい香りと、シナモンやクミンのエキゾチックな香りが広がります。冷やよりも常温で香りが開き、余韻とふくらみが出ます。高めの温度でお燗をしても美味しく飲めるタイプの熟成古酒です。

醸造元 金紋秋田酒造 創業1939年 秋田県大仙市

冬には雪で覆われる、東北秋田の蔵。熟成古酒を頂点に、米の持つ旨みをお酒で表現していくのが特徴です。2009年には、世界的なコンテストIWCにてチャンピオンサケを受賞。2011年には同古酒部門でゴールドメダル受賞など、熟成酒のクオリティには自信を持っています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1997 上撰 喜久盛

日本酒
原料米:岩手県産米
アルコール分15度以上16度未満
常温瓶貯蔵

全量純米酒生産に転換する前の、地元向けロングセラー商品の熟成古酒です。きれいな酸味が特徴で、カラメルやアーモンドのような香ばしさにスモーキーな風味、南国フルーツの甘味と香り広がります。芳醇な熟成酒です。

醸造元 喜久盛酒造 創業1894年 岩手県北上市

『タクシードライバー』という銘柄のラベルデザインやネーミングがかなり個性的で人気の蔵。東北地方は保守的なイメージがあるが、喜久盛は趣が異なり、5代目蔵元の個性がキラリと光ります。この蔵が熟成させた古酒を今回発掘。新酒との飲み比べも楽しいです。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2000 朝日川

日本酒 本醸造
原料米:出羽燦々
精米歩合70%
アルコール分19度以上20度未満
常温タンク貯蔵

口に含んだ途端、上品な酸味とバナナ、カラメル、オークといった熟成酒ならではの芳醇な香りが立ち上ります。甘味も十分あり、梅のような爽やかなフレーバーが余韻を残します。酸が素晴らしく、キレも悪くないです。

醸造元 朝日川酒造 創業1822年 山形県河北町

東北の山形(村山)盆地に立地する朝日川酒造。江戸末期に創業し、伝統を受け継ぎながら近年では純米酒、純米吟醸酒の製造研究に力を入れてきました。並行して、熟成酒の研究開発にも取り組み、熟成方法や清酒のタイプ別、熟成年数による違いなど、その知見は注目されています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2004 峰の雪

日本酒 純米吟醸
原料米:山田錦
精米歩合50%
アルコール分13度以上14度未満
常温タンク貯蔵

山田錦の純米吟醸原酒。甘酸っぱいあんずやはちみつの甘い香りに爽やかな香草の香りがほんのりと混ざります。米の優しい甘味が心地よい。深みのある味わいとほのかな熟成香が親しみやすいです。

醸造元 峰の雪酒造場 創業1942年 福島県喜多方市

酒蔵の街と言えるほど、喜多方には造り酒屋が多いですが、市内で最も若い蔵。山形との県境をなす飯豊山から『峰の雪』を取りました。蔵人も若く、毎年新しい造りに挑戦しています。山麓に広がる豊かな自然から採れる蜂蜜だけを原料に醸すミード酒はこの蔵の個性を物語っています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1998 里の泉

日本酒
原料米:チヨニシキ
精米歩合65%
アルコール分19度
12℃低温貯蔵

紅茶のような芳醇な香りとヘーゼルナッツのような香ばしさを感じる優しい香りが広がります。ふくよかな甘味としっかりとした酸のバランスが良い熟成酒。余韻も長く、甘く香ばしい香りが心地よいです。

醸造元 会津酒造 創業1700年頃 福島県南会津町

日光と会津若松を結ぶ街道の宿場町・南会津田島の地で江戸中期から日本酒を造り続けています。真冬には-20℃になる厳しい条件の中、地下40mから汲み上げる超軟水で醸した酒は、柔らかく綺麗で優しい甘さが特徴です。行き交う人々を魅了し続けてきました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1987 谷乃越

日本酒 本醸造
原料米:国産米
精米歩合70%
アルコール分21度
樽熟成常温瓶貯蔵

樽の香りとドライフルーツの甘い香りが特徴です。口に含んだ時に感じる甘味と苦みはまさに上質なブランデーのよう。余韻も長くスモーキー。熟成酒の中でも希少なタイプ。

醸造元 白河銘醸 創業1850年 福島県西郷村

御用邸があることでイメージの高いリゾート地・那須高原の北麓にあたる西郷村は、豊かな自然が残り清酒醸造に適した環境です。那須連峰の伏流水とその水で育った地元の米を使い、高度な火入れ(味わい保存)技術で香り豊かでコクのある日本酒を醸す、創業170年の蔵です。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2006 谷乃越

日本酒
原料米:国産米
精米歩合70%
アルコール分15.1度
常温瓶貯蔵

この蔵の酒の特徴である、米本来の甘味がしっかりと感じられる古酒です。バターのような深みのある香りに、綿あめのような甘い香りが広がり、少しボリュームのある味わいに仕上がっています。

醸造元 白河銘醸 創業1850年 福島県西郷村

御用邸があることでイメージの高いリゾート地・那須高原の北麓にあたる西郷村は、豊かな自然が残り清酒醸造に適した環境です。那須連峰の伏流水とその水で育った地元の米を使い、高度な火入れ(味わい保存)技術で香り豊かでコクのある日本酒を醸す、創業170年の蔵です。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2009 幻の瀧

日本酒 吟醸
原料米:五百万石・てんたかく
精米歩合60%
アルコール分18度以上19度未満
常温タンク貯蔵

吟醸の熟成古酒。すっきりとした酸が最初に立ち上がるのが特長で、バターの芳醇な香りとバナナの甘い香りも感じられとても華やかで、ドライな白ワインを飲んでいるかのよう。余韻に薫るナッツ香が印象的です。

醸造元 皇国晴酒造 創業1887年 富山県黒部市

日本海富山湾まで50mという立地、蔵内に立山からの雪解け水がコンコンと湧き出ています。黒部川河畔の生地地区は20もの湧水があり、名水百選の街でもあります。この水をふんだんに使い、富山湾の幸とともに毎日気軽に飲める、すっきりと軽やかな味わいの日本酒を造り続けています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2001 若鶴

日本酒 純米
原料米:五百万石・一般米
精米歩合67%
アルコール分18度
常温タンク貯蔵

67%精米の純米古酒です。甘く熟した黄桃やはちみつの香り、清涼感のあるミントのような華やかな香りが特徴です。甘味としっかりとした酸が口いっぱいに広がり、余韻も長くとても爽やかな辛口です。

醸造元 若鶴酒造 創業1862年 富山県砺波市

酒造りの専門家は杜氏(とうじ)と呼ばれ、気候風土に合わせた流派が各地に存在します。代表なものに越後杜氏と南部杜氏があるが、若鶴はかつて2つの蔵でそれぞれを雇い競わせていました。今では一人の社員杜氏が両方の流派を受け継ぎ醸しているため、若鶴の個性となっています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1999 成政

日本酒 純米
原料米:五百万石
精米歩合60%
アルコール分15度以上16度未満
常温瓶貯蔵

淡麗な味わいが特徴の五百万石の20年熟成古酒。はちみつや紅茶のような甘く華やかな熟成の香りが広がり、まろやかな甘味とほのかな苦みを感じる厚みのある味わいに。しっかりとした酸が爽やかな辛口です。

醸造元 成政酒造 創業1894年 富山県南砺市

地元南砺市産の酒造好適米を用い緑豊かな医王山の名水「槍の先の水」で醸す北陸の小さな蔵元です。この仕込み水は蔵の名前の由来である武将佐々成政が水を求め、槍で大地を突いたところ水が湧き出し難を逃れたとの謂われがあります。この水でまた米も作られています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1999 福光屋

日本酒 山廃純米
原料米:山田錦
精米歩合65%
アルコール分15度
常温タンク貯蔵

アプリコットジャムのような甘味と酸のバランスが特徴。長期熟成によるカラメルのような香ばしく芳醇な香りが広がり、ほのかに感じるスパイシーな余韻が癖になる味わいです。

醸造元 福光屋 創業1625年 石川県金沢市

北陸の地で独自の文化を醸してきた加賀の都・金沢で最も長い歴史を持つ酒蔵です。霊峰白山から100年を要して辿り着く清冽な水と、四季が鮮やかな気候風土が酒造りを支えました。伝統技術を進化させ続け、2001年には全ての商品を純米酒に切替え、注目されています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1997 加賀ノ月

日本酒 純米吟醸
原料米:石川県産五百万石・一般米
精米歩合60%
アルコール分17度以上18度未満
常温タンク貯蔵

濃醇に仕上がる伝統的な手造り製法を用いた純米吟醸を熟成させました。口当たりはまろやかな甘味が広がり、熟成によるふくよかな風味が優しく、ほどよい酸がベールのように包み込みバランスがとても良いです。

醸造元 加越 創業1850年頃 石川県小松市

北陸の空の玄関口で知られるが、古は有名な歌舞伎の舞台ともなった加賀・小松。加越は霊峰白山の伏流水を求め、江戸末期からこの地で酒造を続けでいます。水と気候が適し、酒造好適米・五百万石の産地でもあります。高精白による雑味のない旨味を特徴とする、繊細な造りの蔵です。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2007 久寿玉

日本酒 山廃特別純米
原料米:岐阜県産ひだほまれ
精米歩合60%
アルコール分18度以上19度未満
常温タンク貯蔵

飛騨地方の酒造好適米ひだほまれで造った山廃特別純米古酒。甘味のあるしっかりした味わいが特徴ながらキレもあります。甘く熟した洋ナシの香りや黒胡椒やアーモンドといった香ばしい風味も感じられます。

醸造元 平瀬酒造店 創業1623年 岐阜県高山市

日本の魅力が凝縮された街として人気の飛騨高山。1623年この地に創業し、以来約400年15代に渡り毎年お酒造りを続けてきた老舗。銘『久寿玉』は「薬」を意味し、北アルプスの伏流水と飛騨の米、厳しい寒さが造る百薬の長・清酒との願いを込めています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1998 斐太正宗

日本酒
原料米:ひだみのり
精米歩合70%
アルコール分20度
常温タンク貯蔵

20度のアルコールの高さを感じさせないサラリとした口あたりで、しっかりした酸と旨味とのバランスのよいソフトな飲み口の熟成酒です。南国フルーツやバラ、ナツメグなど複雑な香りが豊かに広がります。

醸造元 川尻酒造場 創業1839年 岐阜県高山市

川尻酒造場は、とてもユニークな酒蔵。ごく小規模な生産量のため流通には乗りにくく、地元飛 騨高山でしか買えません。そして商品が、熟成酒に特化しています。昔ながらの製法で醸す川尻の酒は新酒のときには味が荒く、長く熟成させてこそ、まろやかな酒の真骨頂が現れます。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2001 天恩

日本酒 本醸造
原料米:ひだほまれ
精米歩合70%
アルコール分20度
常温タンク貯蔵

この蔵の自信作、本醸造熟成酒。バニラのような香りが甘味とマッチし、栗やバナナを連想させます。ほんのり飛騨の森の香りと酒米ひだほまれ由来の苦味も感じさせ、複雑で奥深い熟成酒に仕上がっています。

醸造元 川尻酒造場 創業1839年 岐阜県高山市

川尻酒造場は、とてもユニークな酒蔵。ごく小規模な生産量のため流通には乗りにくく、地元飛騨高山でしか買えません。そして商品が、熟成酒に特化しています。昔ながらの製法で醸す川尻の酒は新酒のときには味が荒く、長く熟成させてこそ、まろやかな酒の真骨頂が現れます。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2004 北の庄

日本酒 純米吟醸
原料米:山田錦・五百万石
精米歩合55%
アルコール分16.5度
13℃定温タンク貯蔵

山田錦と福井県産の五百万石を55%まで磨いた純米吟醸を13℃の一定温度で15年間熟成させました。完熟した洋ナシのような甘く華やかな香り、カルダモンのような爽やかなスパイスの香りが混ざり合いとても芳醇です。

醸造元 舟木酒造 創業1866年 福井県福井市

北陸の名山・白山から流れ出ずる九頭竜川の伏流水を仕込み水とする舟木酒造。蔵の周りはぐるりと田圃が広がり、肥沃な田園では酒造好適米の五百万石等の良質な米が採れます。手造りの小仕込みで、純米酒を主体に、料理と合わせやすい綺麗な酒造りを毎年繰り返してきました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2007 北の庄

日本酒 純米
原料米:神力
精米歩合65%
アルコール分17度
常温タンク貯蔵

希少な酒米・神力を使い、伝統的な山廃という製法でしっかりした味の酒を醸しました。熟成により、メロンの甘い香りと白コショウのようなスパイスが感じられます。酸を柔らかい甘味が包み込む、エレガントな味わいです。

醸造元 舟木酒造 創業1866年 福井県福井市

北陸の名山・白山から流れ出ずる九頭竜川の伏流水を仕込み水とする舟木酒造。蔵の周りはぐるりと田圃が広がり、肥沃な田園では酒造好適米の五百万石等の良質な米が採れます。手造りの小仕込みで、純米酒を主体に、料理と合わせやすい綺麗な酒造りを毎年繰り返してきました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2009 花垣

日本酒 純米
原料米:五百万石・越の雫
精米歩合60%
アルコール分17度
常温瓶貯蔵

濃醇で旨口の長期熟成酒を目指して、甘口に仕上げた純米酒です。狙い通り熟成し、オリエンタルなクミンやナツメグのようなスパイシーな香り、熟した洋ナシのような甘い香りが、渾然一体となり華やかに広がります。

醸造元 南部酒造場 創業1901年 福井県大野市

市内の至る所で清水が湧き上がる越前大野は、古から酒造が盛んです。明治期に酒造に進出してから今まで「手造りに徹してより高品位の酒を世に送り出すこと」を理念とし、地元に喜ばれて来ました。伝統技術を守りつつ新たな挑戦をし続けるなかで熟成酒も手がけ、全国でも評価が高いです。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1996 一乃谷

日本酒 大吟醸
原料米:山田錦
精米歩合40%
アルコール分17度以上18度未満
常温瓶貯蔵

酒米の王・山田錦を使った大吟醸古酒。新酒の頃のきれいな酒質そのままに、良く熟した和梨の香りとカラメルの甘味、スパイシーな苦みがバランス良くまとまりました。余韻に残る風味は、キャラメルポップコーン。

醸造元 宇野酒造場 創業1620年 福井県大野市

越前大野の蔵元ながら、古の頃の逸話から源平合戦の地名『一乃谷』 (現在の神戸市)を酒名とする宇野。400年の歴史を感じさせる珍しい成り立ちです。酒は1本1本丁寧に製造。その技は、金沢国税局主催の酒類品評会での19年連続金賞受賞が物語っています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1995 釜屋

日本酒 特別純米
原料米:美山錦
精米歩合60%
アルコール分18度
常温タンク貯蔵

築100年の土蔵内で24年間熟成させた純米酒。熟したバナナのような優しい香りとフローラルで華やかな香りが広がります。穏やかな甘味としっかりとした酸のバランスがよく、味わい深いです。

醸造元 釜屋 創業1748年 埼玉県加須市

関東平野の真ん中で270年酒造業を続けてきた釜屋。大消費地・江戸東京に隣接する地の利を生かし、量とともに質を追究してきました。主要銘柄は『力士』。その実力は、2019年まで4年連続で全国新酒鑑評会金賞受賞、世界的コンテストIWCの古酒部門で最高賞に輝きました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1983 岩の井

日本酒 純米
原料米:コシヒカリ
精米歩合60%
アルコール分14度
常温タンク貯蔵

古昔の美酒第1弾リリースでは最も古い、1983ビンテージ。ドライフルーツやナッツのような甘く華やかな香りとスパイシーな風味、酸がしっかりと残る味わいがまるで円熟した白ワインを連想させます。

醸造元 岩瀬酒造 創業1723年 千葉県御宿町

首都圏でありながら、自然豊かな千葉房総の酒蔵。伝統的な製法である「山廃造り」と熟成酒にこだわる。1965年から熟成に本格的に取り組み始めた。仕込み水は硬水で、味わいのあるしっかりとした酒になるので、熟成酒にしてこの蔵の力量が発揮されます。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2013 玉川

日本酒 純米
原料米:北錦
精米歩合66%
アルコール分15度以上16度未満
常温瓶貯蔵

さまざまなスパイスの芳醇な香りとカラメルやヘーゼルナッツのような香ばしさが広がり、しっかりとした甘味と心地よい苦みのコントラストが味わいに深みを与えている旨口熟成古酒です。

醸造元 木下酒造 創業1845年 京都府京丹後市

英国出身のハーパー氏が杜氏を務める木下酒造。豊かな発想力と挑戦的な酒造りで、新たなファンを作り出しています。『玉川』は熟成を主テーマとし、新酒から変化していく神秘的な過程 を大切にし、五感と時間軸でお客様に深い感動を提供できるよう日々酒造りに励んでいます。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1998 英勲

日本酒 純米
麹米:五百万石 掛米:国産米
精米歩合60%
アルコール分18度以上19度未満
常温タンク貯蔵

はちみつや黄桃の甘く華やかに広がる香りが心地よく、酸とスパイシーな風味がバランスよくまとまっています。古酒独特の甘味十分で、奥行きがありながら透明感とキレがあってすっきり飲めるので飽きません。

醸造元 齊藤酒造 創業1895年 京都市伏見区

いにしえより酒づくりの中心といえば、京都伏見。その伏見が誇る「伏見七井」の名水を惜しみなく用いて、創業以来125年間味の極みを求め続けてきた齊藤酒造。『英勲』は、時を惜しまず名を惜しむという熱い心意気で、全国新酒鑑評会14年連続金賞受賞という栄誉につながりました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2010 龍力

日本酒 純米
原料米:神力
精米歩合65%
アルコール分17度
常温タンク貯蔵

幻の酒米「神力」を復活させ100%使用し、長期熟成用に特別な仕込みで麹割合を通常の3倍に高めた古酒。狙い通り熟成し、濃醇でまるで熟した無花果のような見事な甘い香りが味わえます。

醸造元 本田商店 創業1921年 兵庫県姫路市

酒米の王様「山田錦」の地元にある酒蔵として、「米の酒は米の味」をモットーに、米の旨みを極める酒造りをしています。『龍力』の商品には酒造好適米のみを使用する品質から、2008年のアメリカのコンテストにおいて、『大吟醸 米のささやき』が世界最高金賞を受賞しました。熟成酒のクオリティには自信を持っています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1995 葵鶴

日本酒 純米
原料米:国産米
精米歩合60%
アルコール分17度
低温タンク貯蔵/常温熟成

熟成酒用に丁寧に醸した純米酒を、低温貯蔵のあと常温熟成させた匠の古酒。蜂蜜やアーモンドの甘く華やかで香ばしい香りと、まろやかな甘味が広がります。ほどよい酸とスパイシーな風味が全体をまとめています。

醸造元 稲見酒造 創業1889年 兵庫県三木市

兵庫県は、酒米の王・山田錦のふるさと。ミネラル豊富な粘質な土壌、寒暖差の大きい気候が、理想的な酒米を育成した。酒米が産するところに、酒蔵あり。稲見は、山田錦の一大生産地に位置する酒蔵として、地域の風土で醸すテロワール日本酒を目指しています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1993 梅錦

日本酒 純米吟醸
原料米:松山三井・奥誉
精米歩合55%
アルコール分17度以上18度未満
常温タンク貯蔵

前杜氏が卓越技能者表彰を受けた年に仕込んだ純米吟醸酒。20年以上の長期熟成により香ばしいナッツの香りやよく熟した黄桃のような甘味が広がります。シェリーを思わせるふくらみのある辛口の熟成酒です。

醸造元 梅錦山川 創業1872年 愛媛県四国中央市

温暖な四国の瀬戸内に面する旧金田村で創業以来、米を選び、水を吟味し、ただひたすらに、ただひたむきに「うまい酒をつくる」、そのことに専念してきた『梅錦』。早くから吟醸造りに取組み、全国新酒鑑評会において30回以上の金賞を受賞している四国の銘醸です。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2006 梅錦

日本酒 純米
原料米:ひのひかり
精米歩合60%
アルコール分8度
常温タンク貯蔵

鮮烈な熟したバナナの甘い香りに、はちみつ・ナッツといった熟成香が華やかに広がり、甘酸っぱさがとてもエレガントで余韻に残ります。ドライフルーツの香りがとても心地よい逸品です。

醸造元 梅錦山川 創業1872年 愛媛県四国中央市

温暖な四国の瀬戸内に面する旧金田村で創業以来、米を選び、水を吟味し、ただひたすらに、ただひたむきに「うまい酒をつくる」、そのことに専念してきた『梅錦』。早くから吟醸造りに取組み、全国新酒鑑評会において30回以上の金賞を受賞している四国の銘醸です。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2002 黒松翁

本格米焼酎 原酒
主原料:コシヒカリ
麹:米麹
アルコール分44度以上45度未満

清酒から圧力を引きながら蒸留する製造法で造られた、アルコール度約45%の米焼酎です。米由来のきれいな風味、とろりとした濃厚感、麗しい香りと甘味が感じられます。

醸造元 森本仙右衛門商店 創業1844年 三重県伊賀市

伊勢神宮の国・三重の伊賀の地で、清酒とともに米焼酎を醸す、森本。地元の米を大切にして栽培から関わり、伊賀の風土、食文化に合う柔らかな丸みのある酒を造りつづけています。銘柄の「翁」には、国家安寧、五穀豊穣、天下泰平、万民幸福の願いが込められています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2006 瑞鷹

本格麦焼酎 原酒
主原料:大麦
麹:麦麹
アルコール分44度

熊本産の大麦と阿蘇の伏流水で醪を仕込み、昔ながらの圧力をかけない製法で蒸留。大麦の力強く香ばしい香りと深みのある甘味が特徴です。重みや荒々しさも感じる、インパクトのある複雑な味わいが楽しめます。

醸造元 瑞鷹 創業1867年 熊本県熊本市

今でこそ当たり前に使われる清酒吟醸酵母「協会9号」は、熊本で開発されました。南国九州は焼酎圏でありますが、熊本に清酒蔵が多いのは「熊本で初めての清酒を造ろう」と創業された瑞鷹が序章であった、という。焼酎も清酒も赤酒も、熊本の風土に根ざして醸されています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2009 房の露

本格米焼酎 原酒
主原料:国産米
麹:米麹
アルコール分40.2度

長期熟成により、40%を超えるアルコール度数を感じさせないまろやかな味わいと滑らかな口当たり、甘ささえ感じさせます。やさしく鼻に抜ける米の香りが優美なひと時を演出してくれます。

醸造元 房の露 創業1907年 熊本県球磨郡多良木町

原料、貯蔵、品質にこだわり、500年続く米を原材料とする『球磨焼酎』の伝統と技術を継承しつつ、研究開発を怠らず新しい発想や柔軟さを合せ持つ蔵です。美しい水と原料、澄んだ空気に恵 まれた球磨の風土を生かし、この熊本の地でしか造れない本格焼酎を製造しています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1984 抜群

本格麦焼酎 原酒
主原料:国産大麦
麹:米麹
アルコール分38度

原酒で38%のアルコール度ながら、含んでまず甘味を感じる驚きがあります。超長期熟成により、原酒の濃醇さがコクや香りに変化しており、まろやかに味わえます。

醸造元 抜群酒造 創業1923年 熊本県球磨郡多良木町

世界に認められた地理的表示の『球磨焼酎』は、他の焼酎原料より高価な米を使うのが特徴です。500年に及ぶ球磨焼酎の歴史の中で比較的創業が若い抜群酒造。この若い蔵が、かつて挑戦した麦焼酎の常圧蒸留仕込み。その若い魂が35年の時を越えていまよみがえります。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2005 千鶴

本格芋焼酎 原酒
主原料:黄金千貫
麹:米麹
アルコール分36度

原料は厳選された鹿児島県産の黄金千貫を使用。伝統の甕にて仕込んだ焼酎を石蔵の中の甕で熟成させました。フルーツキャラメルのような甘い香りが鼻をくすぐり、濃厚な熟成感を味わえます。

醸造元 神酒造 創業1872年 鹿児島県出水市

熊本と県境を接しつつも、鹿児島県産の原料にこだわり本格芋焼酎を誇りを持って造る蔵。創業当時から使い続けている和甕にて仕込みを行う伝統を守り続けています。出水市は一万羽を超える鶴の飛来としても有名で、そこから『千鶴』の名を取りました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2005 天星

本格芋焼酎 原酒
主原料:黄金千貫
麹:米麹
アルコール分35度

地元産芋「黄金千貫」と白麹を使用したスタンダードな造りながら、長い歳月が芋焼酎にまろやかさをもたらしています。新酒の頃の臭いが抜け穏やかでフローラルな味わいを感じられます。繊細な味を楽しんでください。

醸造元 天星酒造 創業1901年 鹿児島県大崎町

南国・大崎町菱田は、鹿児島県内随一の超軟水が湧出する土地。その水を活かした『天星』の芋焼酎は、柔らかで口当たりの良い酒質が特徴です。米麹の原料米や、主原料であるさつま芋もすべて、特定の契約農家に依頼して栽培収穫したものを使っています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2007 松藤

琉球泡盛 原酒
主原料:米麹100%
アルコール分44度

三日間かけて造る米麹の旨み、洗米から使われた金武町の「山清水」の甘みの良さが滲み出ているクースです。Alc.44%とは思えない、まろやかでいて深い味わいと芳醇な香りと甘味が口の中に広がります。

醸造元 崎山酒造廠 創業1905年 沖縄県金武町

沖縄は、焼酎文化の中でも独特な泡盛を育てて来ました。タイ米を主原料とし、すべての米を麹にしてから発酵させるのが、熊本などの米焼酎との違いです。崎山は首里城を仰ぐ赤田で創業ののち、「もっと旨い泡盛を」の情熱から、良い水を求めて金武町へ移転するほどの熱い蔵です。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2009 松藤

梅酒(リキュール)
主原料:泡盛・梅・黒糖
アルコール分16度

梅酒の甘味は沖縄産の黒糖を使用、紀州みなべ産の南高梅だけを使って濃厚な泡盛に漬け込んだ逸品です。豊かな味わいとコクが甘味と酸味と相まって優雅な気分にさせます。

醸造元 崎山酒造廠 創業1905年 沖縄県金武町

沖縄は、焼酎文化の中でも独特な泡盛を育てて来ました。タイ米を主原料とし、すべての米を麹にしてから発酵させるのが、熊本などの米焼酎との違いです。崎山は首里城を仰ぐ赤田で創業ののち、「もっと旨い泡盛を」の情熱から、良い水を求めて金武町へ移転するほどの熱い蔵です。