古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

いま時を越えてよみがえる古昔の美酒

時を飲む。熟成にかかった時間の雫が溶け込んだお酒が、日本にもあります。『古昔の美酒』は、鎌倉時代には既にあったとされる古酒の熟成技術に光を当て、極めて希少な10年以上の長期熟成酒を厳選したプレミアムブレンドです。

本商品『光』では、古昔の美酒の豊富なバリエーションの中から、様々な味わいを楽しめる7銘柄に光を当てました。長期熟成を経た古酒は、その地域ならではの季節を身に染み込ませ、今があります。光輝く未来に杯を捧げてください。

※澱(おり)が生じることがありますが、品質は問題ございませんので安心してお召し上がりください。



古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1997 上撰 喜久盛

日本酒
原料米:岩手県産米
アルコール分15度以上16度未満
常温瓶貯蔵

全量純米酒生産に転換する前の、地元向けロングセラー商品の熟成古酒です。きれいな酸味が特徴で、カラメルやアーモンドのような香ばしさにスモーキーな風味、南国フルーツの甘味と香り広がります。芳醇な熟成酒です。

醸造元 喜久盛酒造 創業1894年 岩手県北上市

『タクシードライバー』という銘柄のラベルデザインやネーミングがかなり個性的で人気の蔵。東北地方は保守的なイメージがあるが、喜久盛は趣が異なり、5代目蔵元の個性がキラリと光ります。この蔵が熟成させた古酒を今回発掘。新酒との飲み比べも楽しいです。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1998 里の泉

日本酒
原料米:チヨニシキ
精米歩合65%
アルコール分19度
12℃低温貯蔵

紅茶のような芳醇な香りとヘーゼルナッツのような香ばしさを感じる優しい香りが広がります。ふくよかな甘味としっかりとした酸のバランスが良い熟成酒。余韻も長く、甘く香ばしい香りが心地よいです。

醸造元 会津酒造 創業1700年頃 福島県南会津町

日光と会津若松を結ぶ街道の宿場町・南会津田島の地で江戸中期から日本酒を造り続けています。真冬には-20℃になる厳しい条件の中、地下40mから汲み上げる超軟水で醸した酒は、柔らかく綺麗で優しい甘さが特徴です。行き交う人々を魅了し続けてきました。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2009 幻の瀧

日本酒 吟醸
原料米:五百万石・てんたかく
精米歩合60%
アルコール分18度以上19度未満
常温タンク貯蔵

吟醸の熟成古酒。すっきりとした酸が最初に立ち上がるのが特長で、バターの芳醇な香りとバナナの甘い香りも感じられとても華やかで、ドライな白ワインを飲んでいるかのよう。余韻に薫るナッツ香が印象的です。

醸造元 皇国晴酒造 創業1887年 富山県黒部市

日本海富山湾まで50mという立地、蔵内に立山からの雪解け水がコンコンと湧き出ています。黒部川河畔の生地地区は20もの湧水があり、名水百選の街でもあります。この水をふんだんに使い、富山湾の幸とともに毎日気軽に飲める、すっきりと軽やかな味わいの日本酒を造り続けています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2001 天恩

日本酒 本醸造
原料米:ひだほまれ
精米歩合70%
アルコール分20度
常温タンク貯蔵

この蔵の自信作、本醸造熟成酒。バニラのような香りが甘味とマッチし、栗やバナナを連想させます。ほんのり飛騨の森の香りと酒米ひだほまれ由来の苦味も感じさせ、複雑で奥深い熟成酒に仕上がっています。

醸造元 川尻酒造場 創業1839年 岐阜県高山市

川尻酒造場は、とてもユニークな酒蔵。ごく小規模な生産量のため流通には乗りにくく、地元飛騨高山でしか買えません。そして商品が、熟成酒に特化しています。昔ながらの製法で醸す川尻の酒は新酒のときには味が荒く、長く熟成させてこそ、まろやかな酒の真骨頂が現れます。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

2009 花垣

日本酒 純米
原料米:五百万石・越の雫
精米歩合60%
アルコール分17度
常温瓶貯蔵

濃醇で旨口の長期熟成酒を目指して、甘口に仕上げた純米酒です。狙い通り熟成し、オリエンタルなクミンやナツメグのようなスパイシーな香り、熟した洋ナシのような甘い香りが、渾然一体となり華やかに広がります。

醸造元 南部酒造場 創業1901年 福井県大野市

市内の至る所で清水が湧き上がる越前大野は、古から酒造が盛んです。明治期に酒造に進出してから今まで「手造りに徹してより高品位の酒を世に送り出すこと」を理念とし、地元に喜ばれて来ました。伝統技術を守りつつ新たな挑戦をし続けるなかで熟成酒も手がけ、全国でも評価が高いです。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1996 一乃谷

日本酒 大吟醸
原料米:山田錦
精米歩合40%
アルコール分17度以上18度未満
常温瓶貯蔵

酒米の王・山田錦を使った大吟醸古酒。新酒の頃のきれいな酒質そのままに、良く熟した和梨の香りとカラメルの甘味、スパイシーな苦みがバランス良くまとまりました。余韻に残る風味は、キャラメルポップコーン。

醸造元 宇野酒造場 創業1620年 福井県大野市

越前大野の蔵元ながら、古の頃の逸話から源平合戦の地名『一乃谷』 (現在の神戸市)を酒名とする宇野。400年の歴史を感じさせる珍しい成り立ちです。酒は1本1本丁寧に製造。その技は、金沢国税局主催の酒類品評会での19年連続金賞受賞が物語っています。

古昔の美酒 匠創生 古酒 日本酒 焼酎 泡盛 熟成古酒

1995 釜屋

日本酒 特別純米
原料米:美山錦
精米歩合60%
アルコール分18度
常温タンク貯蔵

築100年の土蔵内で24年間熟成させた純米酒。熟したバナナのような優しい香りとフローラルで華やかな香りが広がります。穏やかな甘味としっかりとした酸のバランスがよく、味わい深いです。

醸造元 釜屋 創業1748年 埼玉県加須市

関東平野の真ん中で270年酒造業を続けてきた釜屋。大消費地・江戸東京に隣接する地の利を生かし、量とともに質を追究してきました。主要銘柄は『力士』。その実力は、2019年まで4年連続で全国新酒鑑評会金賞受賞、世界的コンテストIWCの古酒部門で最高賞に輝きました。