【父の日】【6/19】「こんなに目を輝かせている父を見るのは初めて」

 

お酒好きの父に数々の日本酒やワイン、ビール、各地の有名な銘柄のお酒をプレゼントとして贈ってきた。もちろん毎回どのお酒もおいしそうに飲んでくれて私も嬉しかった。

しかし今年贈ったプレゼント、「古昔の美酒」は一味も二味も違った。

 

正直、私はお酒の銘柄や味などはそこまで詳しくない。しかし「古昔の美酒」は原則10年以上熟成した古酒の中からソムリエが厳選して商品化しているという。国内のシェフやソムリエ5000名を超える方のうち90%以上が「おいしい」と言ったお酒なのだ。

 

 

「見た目よりも味が重要だ」。

父はそう言って、毎年包み紙をきれいにしてプレゼントを贈っても、父は包装には見向きもしない。しかし父は金色の箱を開けるやいなや、照り輝くサテンの布の質感に目を奪われていた。手で優しくそっと撫でながら、何かを確かめるように小さく頷いていた。

 

琥珀色の酒瓶を取り出し、父はしばらく瓶をゆったりと回しながら、瓶に反射してきらきらと輝く日の光をじっと見つめていた。

 

 

 

日も沈んだ夕食の時間。母が「今日は父の日だから」と父の大好物のすき焼きを作っていた。「古昔の美酒」は熟成古酒と言うがどんな味がするのだろうか、父はその味を気に入ってくれるだろうか、私の頭はそんなことでいっぱいだった。

 

父は目を閉じ「古昔の美酒」を一口。どんな反応が返ってくるか私はドキドキしていた。

 

 

「……うん。うまい。」

 

たった一言だったが、うなるようにその言葉を発した父の様子はいつもと異なって見えた。

目を輝かせながらもう一口。今度は先ほどよりも味わいながらお酒を飲んでいるようだった。こちら側にもふわっと「古昔の美酒」の甘酸っぱい複雑で豊かな香りがただよった。

たしかに父は何十年もの間、たくさんのおいしいお酒を飲んできた。しかしお酒を飲み、うなる父を見たのは初めてだったかもしれない。

 

今回のプレゼントは当たりであった。それもただの当たりではない。大当たりだ。
今年の父の日は、父にとっても私にとっても忘れられない一日になった。

 

2022年の父の日は6/19。今年の父の日は「古昔の美酒」でプレゼントを贈る側も贈られる側も忘れられない1日にしませんか?

 

オンラインストアはこちらから