「古昔の美酒」をゆったりと楽しみませんか?

熟成古酒はワインなどのほかのお酒と同じように、目で見て楽しんで、鼻で香りを楽しんで、舌で味を楽しめるお酒なのです。グラスにお酒を注いで、すぐ飲む…のではなくゆったりと熟成古酒の良さをお楽しみください。

 

①目で見て楽しむ

熟成古酒の魅力の一つに色の美しさがあります。
琥珀色のような色合いは成分濃度が高いほど、熟成期間が長いほど、貯蔵温度の寒暖差が大きいほど濃くなります。

ぜひ古酒をグラスに注ぎ、光に透かして、キラキラと反射している美しい様子を楽しんでください。

 

②鼻で香りを楽しむ

熟成古酒の入ったグラスを鼻に近づけ、熟成古酒ならではの複雑な香りをお楽しみください。このとき使うグラスは、少し口がすぼまった大き目のものだとなおよいでしょう。銘柄によって果物のような甘酸っぱさや、バターのような芳醇な香りを楽しめますよ。

 

③舌で味を楽しむ

熟成古酒は通常の日本酒にはないような、甘味や酸味を楽しむことができるお酒です。香りと同様に味も銘柄によって異なっており、白ワインのようにすっきりとしたものから、紹興酒のような風味のものまでさまざまです。商品によっては複数の銘柄がセットになっているものもあるので、ぜひ飲み比べをしてみてください。

 

 

ただ飲むだけではもったいない熟成古酒。ほかにもさまざまな料理とのペアリングを試してみたり、オンザロックやソーダ割を試してみたりなど、工夫次第でその楽しみは無限大かもしれませんね!
ぜひ大切な人と一緒に古酒を楽しみたいと思った方は公式オンラインストアもご覧ください。古酒との未知との出会いがあなたを待っています。

公式オンラインストア:https://oldvintage.jp/collections/all

 

参考:長期熟成研究会「熟成古酒の楽しみ方」