About

いま時を越えてよみがえる

古来、日本にはお酒を熟成させ、時を経た芳醇な香りや深い味わいを楽しむ食文化がありました。
「古昔の美酒(いにしえのびしゅ)」は、現代でも熟成酒を作り続けている職人とともに日本の伝統的な高貴な文化であった熟成酒文化を復刻させることを目的に立ち上がった国産ヴィンテージ専門のプレミアムセレクトブランドです。誰も知らない究極のヴィンテージ体験をお楽しみください。

 

 

極めて希少な長期熟成酒

現在酒蔵は全国合わせて約1400蔵ありますが、その中で伝統の熟成技術を継承しているのはごくわずかです。江戸の頃までは新酒よりも古酒/熟成酒を愛でるという粋な酒文化が存在していましたが、明治の酒税法をきっかけに熟成を手がける酒蔵は激減しました。その後も地酒や大吟醸という新酒主体の市場が出来上がり、熟成酒をつくる酒蔵が増えることはありませんでした。その中でも“古昔の美酒(いにしえのびしゅ)”は、日本全国100蔵以上を巡り、原則10年以上の熟成を経た芳醇な香りと味わいが特に優れた長期熟成ヴィンテージのみを発掘してきた極めて希少なお酒です。

 

 

数量限定、シリアルナンバー付き

10年以上の長期熟成酒は、日本中の全ての酒蔵に眠るものを足し合わせても限られた量しかありません。“古昔の美酒(いにしえのびしゅ)”として蘇らせられる量は極めて少なく、数量を限定して販売させていただきます。その年に作られた国産ヴィンテージは、同じものを二度作ることはできません。“古昔の美酒(いにしえのびしゅ)”では、ラベルやワランティカードにシリアルナンバーを振って皆様のもとにお届けいたします。

 

 

時のみが知る変化

日本酒は熟成させると、カラメルのような甘みと香ばしさが現れるのが特徴です。焼酎・泡盛は、アルコール度の高い蒸留酒ですが熟成させることで、まろやかで甘みを感じる酒質に変わります。ただ味の変化の方向性は、貯蔵温度やその季節の変化、貯蔵容器、もともとの酒質によってさまざまです。熟した果実のような香りに近づくものもあれば、酸がたち甘酸っぱいお酒に変化する場合もあります。酒蔵でさえ20年30年後のお酒の香りや味は、分からないといいます。時のみが知る、香りと味の偶然性をお楽しみください。

 

 

古昔の美酒の味わい

“古昔の美酒(いにしえのびしゅ)”では3つの要素で味わいを表現しています。3つの要素ともに高いと濃醇に、低いと淡麗に感じます。どれかの要素が相対的に高いと特徴的なお酒になります。また、色の変化も楽しんでいただけます。含まれる成分の時間変化によりかわりますが、成分濃度が高いほど、熟成期間が長いほど、貯蔵温度の寒暖差が大きいほど、色が濃くなると言われています。

甘味 カラメルのような甘さが強いほど古酒らしさが味わえます
酸味 酸が高いほどキレが良く料理との相性が増します
香り フルーツや香辛料など、日本のお酒とは思えない多様な香りが感じられます

 

 

 

個性を比べて楽しむ

“古昔の美酒(いにしえのびしゅ)”では、まず36種類の長期熟成古酒を揃えました。このように多くの種類を集めたのは、それぞれに個性があり、その個性を比べて楽しんでいただきたいからです。3種類を楽しむセットから、36種類を楽しんでいただけるセットまでを用意しています。また、長期熟成古酒の個性は様々なペアリングを楽しんでいただけます。日本食、フレンチ、中華などの料理と合わせて、またスイーツとの相性も楽しんでいただけます。